クレジットカードを任意整理した際の影響とは

クレジットカードを任意整理した際の影響とは

任意整理とは、債務整理の手続きの一つで借金の返済額を減らす方法です。 クレジットカードの借金も減らすことができますが、ブラックリストに登録されてしまうため、利用中のクレジットカードが使えなくなったり、新しく作成したりすることができなくなります。 そのため、クレジットカードの任意整理をするときには注意が必要です。 今回の記事では、クレジットカードの任意整理における注意点と任意整理後の作成のポイントについて説明していきます。

クレジットカードの債務はを任意整理で減らすことができる

任意整理は債権者との個別の交渉によって、将来利息のカットや返済計画の見直しを求める手続きです。
任意整理で借金の減額が目指せるのは、消費者金融からの借入だけではありません。 クレジットカードのキャッシングやショッピングのリボ払いも任意整理の対象となります。 さらに引き直し計算によって利息制限法に基づく上限金利以上の利息が発生していることが明らかになった場合には、残債との相殺による借金の減額や差額の返還を求めることもできます。 ただしショッピングのリボ払いではこうした過払い金はそもそも発生しないという点には注意が必要です。上記のように過払い金が発生していた場合を除いては、任意整理で元本自体を減らすことはできません。 しかし、将来利息や遅延損害金のカットや免除を求めることは可能です。 交渉に応じてもらえれば月々の返済を元本のみに充てられるようになるため、総返済額の減額にも繋がります。

任意整理の手続きをするとブラックリストに登録される

ブラックリストとは

ブラックリストとは、クレジットカードの返済の延滞や債務整理などをした場合に、事故情報が個人信用情報に登録されることです。 個人信用情報は各金融機関に共有されていて、社会的に信用できる人物かをその情報で判断しています。 そこに事故情報が登録されてしまうと、全ての金融機関で利用が制限されることになります。 ブラックリストに一度登録されてしまうと、どんなことがあっても5年は消えることはありません。 ただし、誤った情報が登録されてしまった場合は、個人信用情報機関に申請することで訂正することができます。 ブラックリストから登録が削除されているかどうかは、個人信用情報機関に問い合わせないと分かりません。

任意整理をするとクレジットカードが使用できなくなる

任意整理は債務整理の一つなので、ブラックリストに載ることになります。 ブラックリストに載ってしまうと、クレジットカードは使えなくなります。 さらに新規でクレジットカードを作ろうとしても作ることはできません。 金融機関は信用情報を共有しているため、ブラックリストから登録が抹消されるまで、どの金融機関でもクレジットカードを作る審査に通ることできなくなります。

ローンも組めなくなる

任意整理をしてブラックリストに載ってしまうと、ローンを組むこともできなくなります。 ローンを組む時には、金融機関が個人信用情報を個人信用情報機関に問い合わせます。個人信用情報に事故情報があれば、返済能力がないと見なされて新規でローンを組むことできません。 ただし、すでにローンを組んで支払いをしている場合には、返済が滞らない限り影響はありません。 任意整理後の一定の期間を過ぎれば、ブラックリストから登録が削除されます。 その後であれば、ローンを新規で組むことも可能です。 新規でローンを組む場合には、任意整理を行った金融機関以外を選ぶと良いです。 任意整理を行った金融機関ではローンの審査に通ることはないからです。

任意整理は整理の対象を選択することができる

特定のクレジットカード会社だけ対象から外すことはできる

特定のクレジットカード会社のみ任意整理を行わず、利用中のクレジットカードを使い続けることは可能なのでしょうか。 結論から言うと、理論上は可能です。 なぜなら、任意整理は債権者と債務者が直接やり取りを行うものであり、全ての債権者を対象としなければならない決まりはないからです。 任意整理の対象は自分で決めることが出来るため、任意整理を行いたい債権者とそうでない債権者を選択することが出来るということです。

任意整理をするといずれどのクレジットカードも使えなくなる

しかし、気を付けなければならないことがあります。 それは個人信用情報機関の個人信用情報は、あらゆる金融機関で共有されているということです。 つまり、特定のクレジットカード会社のみ任意整理を行わなかったとしても、別のクレジットカード会社やその他の金融機関に対し任意整理を行ったのであれば、その情報は任意整理を行わなかったクレジットカード会社にわかってしまいます。 そのため、任意整理の対象から外したとしても、いずれそのクレジットカードも使えなくなります。 しかし、必ずしもすぐに使えなくなるわけではありません。 クレジットカード会社は常日頃から個人信用情報機関の情報を参照しているわけではないからです。 多くの場合は途上与信やカードの更新時に信用情報機関の情報を確認するため、それまでの間は使えることが多いです。

クレジットカードの任意整理をする場合の注意点とは?

引き落としているものは任意整理前に変更する

クレジットカードの債務を任意整理の対象とする場合、そのクレジットカードは解約扱いとなるため利用できなくなります。 また任意整理は事故情報として記録されるため、他のクレジットカードについてもいずれ利用が停止される可能性が高いです。 月々の生活費(水道代・電気代・携帯代など)をクレジットカードにしている場合には、速やかに他の支払い方法に変更するようにしましょう。

ショッピングローンを任意整理すると購入した商品を引き上げられることがある

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、ショッピング枠についても任意整理をすることができます。 ただし、ショッピング枠を任意整理した場合には、購入した商品を引き上げられることがあります。 とはいっても、すべての購入商品を引き上げられるということはなく、換価価値の高い高級な商品について引き上げられる可能性が高いです。 引き上げをするかしないか、どういったものを引き上げするかは、クレジットカード会社の判断となりますので注意しなければなりません。 購入した商品の引き上げを回避するためには、商品を購入する際に利用したクレジットカードを任意整理の対象からはずす必要が出てきます。

キャッシング枠とショッピング枠のどちらか一つを任意整理することはできない

クレジットカードを任意整理する場合、ショッピング枠とキャッシング枠の片方だけを選んで債務の整理をすることはできません。 クレジットカードの債務を任意整理すると、そのクレジットカードは解約扱いとなります。 このためショッピング枠だけ・キャッシング枠だけでの任意整理は行えず、必ずどちらも任意整理されることになってしまいます。 この場合、ショッピング枠を利用した買い物がある場合には高額な商品などを引き上げられるかもしれません。 また任意整理は会社単位になりますので、例えば自動車ローンを組んでいる会社で発行してもらったクレジットカードを任意整理すると、自動車ローンも任意整理の対象となってしまうことに注意が必要です。

任意整理をすると完済から5年間はクレジットカードを作れない

任意整理を行うとブラックリストに載ってしまいます。 クレジットカードについては、使い続けたい場合には任意整理の際の債権者から外すことで使用が可能ですが、任意整理の対象となった場合には使用中のクレジットカードも使えなくなります。 任意整理をした際は完済後5年のブラックリスト期間があり、それが終了するまでは再度借金することや新たにクレジットカードを作ることもできません。 ブラックリスト期間が終了したとはいえ、クレジットカードの作成には当然のことながら、信用に関する審査も行なわれるため、それなりの支障がありクレジットカード会社によっては作成ができないこともあります。

任意整理後にクレジットカードを作成する場合のポイントについて

任意整理したところに申し込まない

任意整理した後では、ブラックリストに載っている状態になってしまうので、新たにクレジットカードを作ることができません。 ブラックリストの情報は、任意整理であれば5から7年ほどで抹消されるので、その後は作ることができるようになります。 しかし、任意整理をしたことがある会社で再びクレジットカードを作ることはできません。 なぜなら、ブラックリストとは別に、系列会社などと共有する社内ブラックと呼ばれる独自のリストに、任意整理をした情報が残っているためです。 クレッジトカードは、返済能力があり返済をするという信用をもとにして作られるので、一度任意整理してしまうと非常に難しくなります。 そのため新たにクレジットカードを作成する際は、一度も申し込んだことのない会社に申し込むようにしましょう。

短期間に複数の会社に申し込もない

任意整理を行いブラックリストからも抹消されたあと、新たにクレジットカードを作成する際に注意することはいくつかあります。 そのうちのひとつとして、一度に複数のクレジットカード会社に申し込まないということです。 1社だけでは審査に落ちるかもしれないと複数申し込んでおこうと考える人もいますが、これはやめましょう。 クレジットカードの申し込みをすると審査担当者は信用情報を確認することになり、その際に申し込みの情報が複数あると担当者に知られてしまいます。 他社でも審査が通らなかった、複数の会社から返済不可能な額をキャッシングして貸し倒れをするのではないかという懸念を生む可能性があり、担当者に良い印象を与えません。 クレジットカードを申込みする際は、複数の会社を調べて1社にのみ申し込む方が通りやすくなります。

信用実績を作る

任意整理後にブラックリストの情報が抹消されたからと言って、すぐにクレジットカードを申し込んでも審査が通らないことがあります。 これは、信用情報が全くない状態であるからです。 ブラックリストから抹消されるということは、これまでのローンや支払記録が全くなくなる、クレジットヒストリーが全くないスーパーホワイトになることです。 しかし、現代においてこのような状態になることはほとんどありません。 信用情報がないと自動的になんらかの債務整理を行ったと考えられ、審査に落ちることになります。 これを避けるためには、何らかの信用実績を作ることが必要です。 最も身近で簡単な方法として、携帯電話の機種代の分割払いがあげられます。 携帯電話の利用は現代において当たり前であり、かつ契約も比較的容易なため、取引履歴を作るうえで簡単で心象も悪くありません。

任意整理後に役立つカード

デビットカード

デビットカードとは、店頭やネットショッピングで利用することができる決済用のカードです。 決済方法はクレジットカードと何ら変わりはありませんが、クレジットカードとデビットカードには2つの大きな違いがあります。 最も大きな違いは、「利用料金が引き落とされるタイミング」です。 クレジットカードは利用した分の料金がまとめて請求されるシステムですが、デビットカードの場合は決済を行った時点で紐付けされている銀行口座から引き落としとなっています。 そして、「口座に入っている金額分までしか利用できない」ということもクレジットカードとの違いです。 口座の残高分しか利用することができないため、カードの発行に審査がないケースが多くなっています。 ですので、任意整理などの債務整理を行った方や何らかの事情によりクレジットカードが発行できない方にとっては、クレジットカードの代わりとして利用することができるカードです。

家族カード

家族カードとは、既にクレジットカードを持っている方の家族が利用することが可能な追加カードのことです。 家族カードはあくまで本カードの追加用として発行されるため、利用分の請求は本カード所有者に合算して請求されます。 審査も本カード所有者の信用情報に基づいて行われます。 また、限度額の設定は本カードの所有者が任意で設定できると言った仕組みです。 こういった理由から、家族カードを利用する方がブラックリストに載っていても家族カードの発行・利用には一切関係ありません。 カードローンなどの借入はできないように設定されているケースが多いですが、任意整理などの債務整理を行っている方でも家族の協力が得られれば持つことが可能なクレジットカードだと言えます。

まとめ

クレジットカードの借金は任意整理で減らせますが、ブラックリストに載ってしまうので、クレジットカードが使えなくなり、ローンも組めなくなります 特定のクレジットカード会社だけ対象から外すことは可能ですが、いずれどのクレジットカードも使えなくなります。クレジットカードの任意整理をする時は、まず引き落としているものを任意整理前に変更しましょう。 ショッピングローンを任意整理すると、購入した商品を引き上げられることがあり、キャッシング枠とショッピング枠のどちらか一つを任意整理することはできません。 任意整理後は完済から5年間経つまでクレジットカードは作れなくなります。 その後にクレジットカードを作成する時は、任意整理したところに申し込まないこと、短期間に複数の会社に申し込まないこと、信用実績を作ることがポイントです。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ